宮本商行の歴史
PROLOGUE

東京銀座に本店を構える、銀製品の専門店・宮本商行。
宮本商行の製品は、明治13年の創業以来、時を越え、国境
を越えて皆様に愛されてまいりました。

その伝統は、宮内庁御用達として宮家の食卓を彩り、迎賓館の晩餐で諸外国からの国賓をおもてなししてきた歴史だけが物語るものではありません。
クラシック感覚と熟練の職人の手による精緻な加工技術。925/1000以上の純度を持つ真の銀製品としての存在感こそが、現在の宮本商行が愛される一番の理由と言えるでしょう。

スプーン、フォークなどの食器は、大人向けから子ども向けまで高級感あるデザインで取り揃え、グラス、茶器、銚子、カトラリーなど、ワンランク上の食器をお求めの方にオススメのセレブな逸品もございます。
それでは、銀製品の名店と呼ばれるまでの、宮本商行の歴史をご紹介いたします。

HISTORY OF MIYAMOTO SHOKO

創業者・宮本勝は、1880(明治13)年に外国人向けのタバコ入れや
象嵌の額の販売を始め、様々な銀製品を扱う企業として、
宮本商行を設立しました。

1899(明治32)年には京橋区彌左衛門町、今の銀座4丁目に店舗を設けます。
金本位制の発布に伴い、世人の金銀に対する関心が高まりました。
また、同時に外国人の往来が頻繁になり、贈り物として銀製品の需要が急上昇。
長く使える本当に良い商品にこだわり続けた宮本商行の商品は外人商館、外国公館に広がり、ついに皇室・各宮家、宮内庁、外務省、諸官庁からもご用命を賜ることとなりました。

1919(大正8)年には、合資会社・宮本商行を設立。
しかし1923(大正12)年9月、関東大震災に見舞われ、店舗も商品も焼けてしまいましたが、社員一同再興を誓い、3か月後の12月に細々ながら営業を開始しました。その後、製品の品質向上に一層努めた結果、それまで以上にお客様からの信用を頂くことにつながりました。

戦時中の1941(昭和16)年、物資の統制を受けて事業継続が困難な時代となり、朝日新聞グループの一員となりました。以来、株式会社宮本商行としてさらに多くのお客様に愛されるようになりました。

1959(昭和34)年10月に大阪支店と福岡支店を設立。
そして1962(昭和37)年、並木通りに銀座本店をオープン。銀製品の名店として、全国的に知られることになりました。

1965(昭和40)年には、国立博物館でツタンカーメン展が開催され、スカラベシリーズを制作。129万人の来場者があり、宮本商行のスカラベシリーズは、今なお皆様に愛されるロングセラーに。

日本オープン選手権の優勝杯は、日本ゴルフ協会からのご依頼を受けて宮本商行が製作した名作。

入居していたビルが再開発により建て替えとなったため、現在地に移転致しました。新店舗にはギャラリーコーナーを併設し、展示会・企画展を開催しております。

そして、皆様に愛されるまま、2015(平成27)年には創業135年を迎えます。
宮本商行の製品作りを支えているのはなんと言っても名工と呼ばれる職人達。明治時代から多くのお客様に愛され続けているのは、優秀な職人たちの技術により、「高級だけではなく、本当に良いもの、永く人に使ってもらいたいもの」を常に追求してきたからです。
1つ1つの製品を人々に愛されながらより永く使っていただけるよう、職人たちは精緻で気品ある製品作りを続けているのです。

銀製品一筋に歩んできた宮本商行は、創業者・宮本勝の経営理念であった「お客様を愛し、商品を愛し、社員を愛する」。
この気持ちを忘れることなく、今後も歩み続けます。

ページの上部へ