伝統の職人技

宮本商行では明治創業以来、伝統を受け継いだ確かな技術を持った職人が一つ一つ手づくりで制作した商品をお客様にお届けしてまいりました。
今世界的にも日本の伝統工芸品は「KOUGEI」として人気を得ています。
ほんの一部ではございますが、職人達の技をご紹介いたします。

彫金

鏨(たがね)や金鎚、ヤスリなどを用いて、金属の表面を文字、模様、図案などで加飾する技法。
ベビースプーンへのお名前彫刻、手鏡の美しい唐草彫り、イニシャルシリーズの透かし彫りなど、彫金の技によって品物にオリジナリティや華やかさが加わります。

彫金

鏨や金鎚などの道具を用いて、金属の形を成形する技法。一枚の平らな板を叩いて様々な形に変えていきます。主に刀剣や器物などを制作する際に用いられます。一打ずつ手打ちで成形していくため、大変な手間と時間がかかります。茶器や酒器、盃など、実用品として必要な強度と使い心地の良さ、両方のバランスを巧みに計算してつくられています。

彫金

金属板を回転させながら微妙な力加減で成形する技法。ゴルフやスポーツ競技の記念カップなどの制作に多く使われる技です。鍛金よりも正確に、早く品物を成形することができます。

彫金

土や砂で鋳型をつくり、 溶かした金属を流し込み、固めて形にする技法。

ページの上部へ